CUBIC PLAZA Shin-yokohama

新横浜駅直結。暮らしを彩るショップ&レストラン。
キュービックプラザ新横浜

会社概要

施設名
キュービックプラザ新横浜

名前の由来

駅ビルの外観フォルム(六面体)から、「Cubic」をイメージ。
1日約22万人が利用するターミナル・新横浜駅。駅利用者や、周辺にお住まいの方々、オフィスワーカー等、駅ビルを利用される方々の毎日の生活を豊かに彩る存在として、「Casual(気軽な)」「Usual(いつもの)」「Brilliant(輝いている)」「Interesting(おもしろい、興味深い)」「Convenient(便利)」な「PLAZA(広場)」でありたいという願いが込められています。

名前の由来

ロゴマーク・デザインについて

ロゴマーク 「CUBICPLAZA(キュービックプラザ)」の「C」と、駅ビルのフォルム・存在感を表す六面体をシンボリックに表現しています。
“あたたかな気持ちを込めた「贈り物(ギフト)箱」” “人々の喜びで満たされた「宝箱」”―新横浜でみなさまを迎え入れる施設として、そんな存在でありたいという想いを込めました。
また、ボックスから飛び出す輝きは、素敵な出会い等を象徴しています。

シンボルカラーについて

赤はあたたかさと活力、オレンジは賑わいと喜びを強調。
暖色同士の組み合わせがかわいらしさと心あたたまる空間を演出します。

会社名
新横浜ステーション開発株式会社

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-1
新横浜WNビル5F
代表者
代表取締役社長 串山 正幸
設立
昭和62年6月15日
営業開始
昭和62年7月1日
資本金
9,304百万円
主な事業

ビル事業部門
・「新横浜中央ビル」の運営、管理。

高架開発事業部門
・ 東海道新幹線高架下(多摩川〜熱海間)の管理、賃貸及び開発

詳細はこちら

新横浜ステーション開発株式会社では、東海道新幹線高架下(多摩川〜熱海間)の管理、賃貸及び開発を行っております。

ロゴマーク

東海道新幹線高架下(多摩川〜熱海間)の範囲イメージ図

お問合せ先:045-471-4321
(受付時間:平日9:00~17:30)